ニュース

阪神・梅野 「サイクルヒットは表彰されるまで気がつかなかった」

無断転載禁止
【プロ野球阪神対DeNA】 ヒーローインタビューに臨む阪神・梅野隆太郎=甲子園球場 提供産経新聞
「めちゃくちゃうれしいです! サイクルヒットは表彰されるまで気がつかなかった」

9日に甲子園球場で行われた、阪神-DeNA戦。選抜高校野球が終わり、阪神にとっては今季初の甲子園での公式戦でしたが、試合は先発・ガルシアが乱調で5回途中で7失点KO。嫌なムードが漂う中、バットで盛り返したのが、キャッチャー・梅野でした。

今季はバッティング好調な梅野ですが、2日に左足薬指を骨折。離脱は避けられないと思いきや、患部をテーピングでガチガチに固めてスパイクを履き、5日の広島戦からスタメンに復帰。痛くないわけがありませんが、骨折していることを想像できないほど、全力疾走を続けています。それもこれも、得点力不足に悩むチームを救いたいからです。

そのひたむきさが、偉大な記録を生みました。2回の第1打席、梅野の右翼線付近へのフライをソトが捕球できず、ボールは外野を転々。梅野は痛む足もお構いなしで、3塁まで激走し、先制の2点タイムリースリーベースに。記録は当初「エラー」でしたが、試合中「3塁打」に変更。これが快挙の幕開けになります。

続く4回の第2打席は、2-3と逆転された場面でライト前にヒットを放ち、同点に追い付く足掛かりを作りました。しかし、なおも突き放すDeNA。

6-8と2点を追う8回に回ってきた第4打席。ここで梅野は、今季1号のソロホームランを左中間スタンドに叩き込んだのです。

「思い切っていくだけでした」

この執念が他の選手にも乗り移ったのか、この回、阪神打線は打者一巡の猛攻を見せ逆転。再び梅野に打順が廻ってきました。この時点で、シングルヒット・3塁打・本塁打を打っていた梅野は、「あと2塁打を打てばサイクルヒット達成」という状況になり、甲子園の場内もざわつき始めます。

8回2度目の打席となった第5打席、何とか反撃を止めようとDeNAが注ぎ込んだ守護神・山崎康晃から、梅野は右中間を深々と破るヒットを放ちます。ツーベースは確実。「よし、記録達成だ!」とみんなが思ったその瞬間、梅野は迷わず2塁ベースを駆け抜け、スピードを緩めず3塁へ!

「えっ? 止まらないの?」という声もあがりましたが、梅野が3塁に到達する寸前に、前を走っていたランナーのナバーロが、ホームに突入しタッチアウト!その時点で3アウトになったため、この梅野のヒットは「2塁打」に。すなわち、サイクルヒット達成です!
本塁上のクロスプレーでサイクルヒットが決まるという、ちょっと変わった達成シーンとなりましたが、実は梅野本人は……

「(サイクル安打は)全く気がつかなかった。まさか自分が達成するとは思っていなかったので。花束を持っている人もいて、ベンチがざわついているなと」

ベンチに戻って、チームメイトたちと抱き合って喜びましたが、快挙を讃える意味でハグした周囲に対し、梅野は純粋に「逆転したこと」だけを喜んでいたのです。

チアガールに花束を渡されても、最初キョトンとしていた梅野。「サイクルだぞ」と伝えられ、初めて「ああ、そうか!」と気付きました。
梅野の5打数4安打・4打点の大活躍がモノを言い、12-8で逆転勝利。みごと甲子園初戦を白星で飾った阪神。先週、巨人に東京ドームで3連敗を食らったときは「また最下位か……」というムードも漂いましたが、それから3勝1敗と盛り返し、勝率5割に復帰。

その原動力になったのは、間違いなく梅野です。骨折が判明後、4試合で17打数10安打とむしろ絶好調に。打率も4割3分3厘にアップし、セ・リーグ首位打者に躍り出ました。

さらに守っても、“梅ちゃんバズーカ”で2度も盗塁を阻止。今や、チームの牽引役と言ってもいいでしょう。

 「ナバーロのおかげかなと思います(笑)」

お立ち台でそう言って、周囲を笑わせた梅野。「骨折しながら、ほんとに自分が出るんだという気持ちでやってくれている」と、矢野監督も全幅の信頼を置いています。これが猛虎復活のきっかけになるのか? 満身創痍でも奮闘し続ける、虎の正捕手に今後も注目です。
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM