ニュース

ヤクルト、連敗止め首位キープ! 川端1000安打達成、雄平V打で五十嵐3勝目

無断転載禁止
ヤクルト・川端慎吾
2019.04.20 14:00
中日ドラゴンズ 3 終了 5 東京ヤクルトスワローズ
ナゴヤドーム
● 中日 3 - 5 ヤクルト ○
<5回戦・ナゴヤドーム>

 ヤクルトが粘る中日を振り切り連敗を2でストップ。単独首位の座を守った。

 ヤクルトは1点を追う3回、日本ハムからトレードで加入した1番・太田が、移籍後初アーチとなる1号ソロを放ち同点。6回には6番・西浦の右前適時打で2-1としたあと、続く代打・川端の左前適時打で3-1とリードを広げた。川端にとってはこれが節目の通算1000安打。今季初打席でいきなり勝負強さを発揮した。

 先発の石川は5回1失点と好投。6回表に打線が勝ち越し点を奪い、今季初勝利の権利を得た。だが、7回に3番手の梅野、8回は4番手の近藤がそれぞれ1点を失い、左腕の初勝利はまたしてもお預け。それでも、同点の8回に二死満塁のピンチで登板した五十嵐が、代打・福田を三振斬り。逆転は許さなかった。

 すると直後の9回表、二死満塁の好機で5番・雄平が左前への2点適時打をマーク。これが決勝点となり、五十嵐は無傷の3勝目、9回裏を3者凡退で締めた石山は4セーブ目(1勝1敗)を手にした。

 中日は終盤に粘りを見せたが、9回に2失点した鈴木博が今季初黒星(0勝6セーブ)。連勝は3で止まり、首位浮上とはならなかった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西