ニュース

若松氏は巨人、ヤクルトの打線をどう見てる?

無断転載禁止
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める若松勉氏
 22日に放送された『ショウアップナイタープレイボール』に若松勉氏が電話出演し、23日から行われるヤクルト-巨人、両チームの打線について語った。

 現在首位の巨人は、チーム打率リーグ2位の.273、リーグ2位の94得点を記録する。1番・吉川尚が故障で離脱したが、1番・坂本勇人、2番・丸佳浩、3番・ビヤヌエバ、4番・岡本和真と続く打線は強力だ。

 若松氏は「1番の吉川がケガしましたけど、坂本を持ってきて打順的にも素晴らしい打線になっている」と太鼓判を押す。この3連戦は、「右投手、左投手がきたときに右バッター、左バッター代えて打たせているので、岡本の次の打者が頑張れるかだと思いますよ」と岡本の後を打つ5番打者をポイントに挙げた。

 5番打者は左投手が先発のときはゲレーロ、右投手が先発のときは亀井善行がスタメン出場している。23日のヤクルトの先発は原樹理が予告先発となっており、若松氏は「亀井がくるでしょうね。打つ方も守備も最高の守備をしているので、多分そうなると思いますけどね」と予想した。

 一方のヤクルトは、チーム打率はリーグ3位の.253だが、リーグトップの113得点。若松氏は「1番の坂口がケガしましたけど、荒木、太田がよく頑張っています。特に太田は塁に出てかき回している。なかなか打線的にはヤクルトも引けを取らないと思いますね」と語った。

 首位・巨人と2位・ヤクルトの3連戦は、23日から神宮で行われる。どんな戦いになるか非常に注目だ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM