ニュース

ロッテ、打線を組み替え連敗ストップ 2番角中3出塁、4番復帰の井上2打点

無断転載禁止
ロッテ・井口資仁監督
2019.04.27 13:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 5 終了 6 千葉ロッテマリーンズ
楽天生命パーク
● 楽天 5 - 6 ロッテ ○
<4回戦・楽天生命パーク>

 ロッテは連敗を3でストップ。組み替えた打線が機能し8安打で効率よく6点を奪った。

 ロッテは初回、1番・荻野、この試合2番に入った角中の連打で無死一、二塁の好機。3番・中村、続く井上は倒れたが、二死後、5番・レアードの中前へ落ちる適時二塁打で2点を先制した。

 2回は7番・清田の右越え1号ソロで3点目を奪うと、さらに二死一塁から、角中が四球を選び好機拡大。続く中村の打球はボテボテの一ゴロだったが、これを楽天・銀次がファンブル(記録は一安)。この間に二走・藤岡が4点目のホームへ滑り込んだ。好機はなおも続き、4番・井上は中前適時打。この回も打線がつながり3点を加えた。

 5-5の9回は楽天の守護神・松井を攻め、先頭の荻野が四球で出塁したあと、続く角中は今季初犠打となる送りバントをキッチリ決めた。その後、二塁三塁となり、井上が右前適時打をマーク。これが決勝点となった。

 ロッテは2番に入った角中が、1安打2四球で3出塁。さらに、2得点をマークし9回には見事な送りバントを決めた。4番に復帰した井上は決勝打を含む2安打2打点。組み替えた打線がしっかり機能した。

 先発・ボルシンガーは5回5失点で降板したが、6回以降は救援陣が無失点リレー。5番手の唐川が今季初勝利(1敗)を手にし、1点リードの9回を締めた益田は5セーブ目(2勝1敗)をマークした。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西