ニュース

西武、4連勝で貯金1 オリは救援陣が1回6四球、K-鈴木のプロ初勝利消える

無断転載禁止
オリックス・K-鈴木(C)KYODO NEWS IMAGES
2019.04.28 13:00
オリックス・バファローズ 2 終了 4 埼玉西武ライオンズ
京セラD大阪
● オリックス 2 - 4 西武 ○
<5回戦・京セラD大阪>

 西武は逆転勝利で今季初の4連勝。再び貯金を1とした。オリックスは3連敗で借金6。プロ初勝利を狙う先発・K-鈴木が7回無失点と好投するも、8回に救援陣が6四球を含む4失点で逆転を許した。

 オリックスは初回、4番・メネセスの左前適時打で先制。3回は5番・小島の左前適時打で2-0とリードを広げた。今季初登板のK-鈴木は、立ち上がりから落ちついた投球。緩急を駆使しながら西武打線を翻弄し、スコアボードにゼロを刻み続けた。

 7回は一死一、三塁のピンチを招いたが、7番・栗山を浅めの左飛に仕留めたあと、二死二、三塁から、最後も8番・中村を左飛に退けた。右腕は7回118球、5安打5奪三振無失点の力投。2点リードを保ち、救援陣にあとを託した。

 ところが8回、2番手の近藤が、3四球を与え一死満塁のピンチを招いてしまう。4番・山川にも押し出し四球を与え1点差。代わった山崎も続く森に押し出し四球を与え、K-鈴木のプロ初勝利が消えた。山崎は二死後、栗山に逆転となる右前適時打を浴びたあと、続く中村には再び押し出し四球。オリックスはこの回だけで計6つの四球を献上してしまった。

 打線も4回以降、次の1点が奪えず9安打で2得点。今季3度目となる3連敗を喫し、借金はワーストを更新する6に膨れた。

 西武は7回まで無得点も、8回に相手の自滅にも助けられ一挙4得点。7回120球、8安打2失点と粘った先発・今井は今季3勝目(2敗)を手にした。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西