ニュース

オリックス、令和勝ち越し発進&山岡3連勝 ロッテは拙攻目立ち2連敗

無断転載禁止
オリックス・山岡=京セラドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2019.05.03 13:00
オリックス・バファローズ 3 終了 1 千葉ロッテマリーンズ
京セラD大阪
○ オリックス 3 - 1 ロッテ ●
<5回戦・京セラD大阪>

 オリックスは連勝で令和最初のカードを2勝1敗と勝ち越した。ロッテは4連勝のあと2連敗。攻撃陣の拙攻が目立った。

 オリックスは初回、4番・吉田正の左前適時打で先制。4回は7番・大城の右越え適時三塁打で2点目を奪った。6回も二死一、二塁の好機で大城が中前適時打。3-0とリードを広げた。

 先発の山岡は立ち上がりから安定した投球。8回127球、6安打6奪三振1失点の好投で開幕から無傷の3連勝とした。2点リードの9回は増井が無失点締め。守護神は8セーブ目を記録した。

 ロッテは7番・藤岡の送りバント失敗、代打・バルガスの長打で一走・レアードが本塁憤死となるなど拙攻が目立った。先発の二木は6回途中3失点。打線の援護なく2敗目(2勝)を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西