ニュース

ロッテ-日本ハム戦の始球式に鈴木愛理さんが登場 自己評価は「50点くらい! 」

無断転載禁止
始球式を行った鈴木愛理さん

「GWは始球式のことばかり考えて一生懸命練習してきた」


 5日、ZOZOマリンスタジアムで行われたロッテ-日本ハム戦の試合前イベントに鈴木愛理さんが登場。ファーストピッチセレモニーで人生初の始球式を行った。

 ℃-uteやBuono!の元メンバーとして知られ、現在は歌手やモデルとして活躍している鈴木愛理さん。後に「球技は苦手」と明かしたものの、マウンド上では初めての始球式とは思えない堂々たる投球を披露。左足を高々と上げる美しい投球フォームから放たれたボールは惜しくもベース手前でバウンドしたものの、まっすぐに捕手のもとへと届く投球を披露して球場を盛り上げた。

 「ゴールデンウィークは始球式のことばかり考えて一生懸命練習してきたので、まっすぐ投げることができて良かったです」と鈴木さん。それでも、自己評価は「50点くらい!」とやや辛め。「ここまでくるとノーバウンドで届かせたいので、またチャンスがあったら投げてみたいです!」と次回登板の実現に向けて闘志を燃やした。


鈴木愛理さん・コメント




―― 人生初の始球式を終えて

元々球技がすごく苦手なので、
始球式のお話しいただいたときに「これは大変だ!」と思いました。
ゴールデンウィークは始球式のことばかり考えて一生懸命練習してきたので、
まっすぐ投げることができて良かったです。
あとはレアード選手の “すしポーズ”を忘れずにやれて大満足です!



―― ZOZOマリンスタジアムの雰囲気は?

場の雰囲気と天気が良くて、
明るい気持ちで投げることができた良かったです。



―― 点数を投げるとしたら?

50点くらい!
色々な人の始球式の動画を見てきたので、
それに比べるとまだまだだと思っています。
ここまでくるとノーバウンドで届かせたいので、
またチャンスがあったら投げてみたいです!



ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西