ニュース

秋田でプロ初本塁打!“ライバル”吉田輝星にリベンジ誓うロッテ・山口

無断転載禁止
ロッテのドラフト4位・山口航輝

秋田でプロ初本塁打


「最初の頃に比べたら、バットにボールが当たるようになってきましたが、捉えきれていない。まだまだかなと思います」。

 ロッテのドラフト4位ルーキー・山口航輝は、プロ入りしてからここまでの自身の打撃をこのように評価した。

 高校生までは金属バットを使用していたが、プロでは木製バットを使う。プロの舞台で活躍するためには、木製バットへの対応もひとつのカギとなる。

 山口は「しっかり捉えないと飛ばないし、力だけで振りにいっても、バットをしならせないと飛ばない。そういうところも意識してやっています」と木製バットの対応の難しさを感じながら日々バットを振っている。

 その中で、5月1日に秋田で行われた楽天との二軍戦では、『6番・左翼』で先発出場し、2回の第1打席に同じ高卒ルーキーの引地秀一郎から「久しぶりにいい感触で入ったなという感じ」とプロ第1号となるソロ本塁打を放った。

 秋田・明桜高校出身の山口は、秋田のファンの前で本塁打を打てたことに「高校3年間、秋田でやっていたので、秋田で打てたのはよかったなと思います」と喜んだ。

ライバル・吉田輝と対戦はまだ実現せず


 明桜高校時代、甲子園出場を目指し争ったのが金足農業高校。2年夏は明桜高校が決勝で金足農業高校を破り甲子園出場を果たしたが、3年夏は金足農業高に決勝で敗れ甲子園出場を逃した。

 金足農業高には、山口が「一番のライバル」と話す現日本ハムの吉田輝星がいた。昨年夏の秋田県予選決勝では、吉田輝の前に4打数3三振に倒れた山口。「高校の時に抑えられているので、早く対戦して、しっかり借りを返したい」。プロでリベンジを誓った山口だが、プロ入り後、吉田輝がロッテとの二軍戦に3度登板しているが、まだプロでの対戦は実現していない。

 山口はベンチで吉田輝の投球を見つめる形になったが、ベンチで見た吉田輝の印象について「だんだん速くなってきた印象。8日の試合は、吉田らしい球を放っていた」と話す。

 打席に立って吉田と勝負したい思いは当然あるが、将来を見据えて今は、とにかく走攻守すべてにおいて成長していく。

二軍戦では打率.254


 5月12日終了時点で山口は、二軍戦に33試合に出場して、打率.254(59-15)、1本塁打、6打点の成績を残す。1日の楽天との二軍戦でプロ初本塁打を放ち、10日のヤクルトとの二軍戦では代打で適時打を放った。

「自信もまだないですし、しっかり打てるようになったら、自信もついて上に上がれると思う。自信をつけるために、練習からしっかりやっていきたいと思います」。

 将来は同学年のドラフト1位・藤原恭大や先輩の平沢大河、安田尚憲らとともに、チームの中心として活躍が期待される。一軍の舞台で活躍するため、今日もバットを振っていく。

取材・文=岩下雄太
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西