ニュース

ダルビッシュ、今季最長の8回途中も白星ならず 同点弾浴び6失点で降板

無断転載禁止
本拠地でのレッズ戦に先発したカブスのダルビッシュ有
○ カブス 8 - 6 レッズ ●
<現地時間5月25日 リグリー・フィールド>

 カブスのダルビッシュ有投手が25日(日本時間26日)、本拠地でのレッズ戦に今季11度目の先発登板。今季最長となる7回0/3を投げたが、8回に6失点目となる同点弾を浴び、またしても本拠地白星はお預けとなった。

 初回はピンチを招くも無失点スタート。2回は先頭打者への四球で一死一塁となったあと、8番・バーンハートに先制2ランを浴びた。3回、4回は無失点で凌ぐと、4回裏に味方打線が一挙4得点。5-2と逆転してもらった。

 しかし直後の5回表、併殺の間に3点目を失うと、5番・プイグに左越えソロを浴び4失点目。5回裏に再び1点の援護を得たが、ダルビッシュは6回にも1点を失い、再び1点差に詰め寄られた。

 7回はこの試合初めて3者凡退で終えたが、1点リードの8回も続投。先頭の6番・ディートリッチに同点弾を浴び、続くイグレシアスに左前打を許したところで降板となった。結局7回0/3で108球を投げ、12安打5奪三振2四球で6失点。またも本拠地のリグレー・フィールドで勝てず、防御率は5.40となった。

 それでもカブスは、8回裏に途中出場・ボートの決勝適時打などで2点を勝ち越し。救援陣は無失点リレーで試合を締め、連敗を2で止めた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西