ニュース

ロッテ連敗止める、種市チームトップタイ4勝目 DeNAの連勝は4でストップ

無断転載禁止
ロッテ・種市篤暉=ZOZOマリン(C)KYODO NEWS IMAGES
2019.06.13 18:15
千葉ロッテマリーンズ 3 終了 1 横浜DeNAベイスターズ
ZOZOマリン
○ ロッテ 3 - 1 DeNA ●
<3回戦・ZOZOマリン>

 ロッテは連敗を3でストップ。7回1失点と好投した先発・種市が4勝目(1敗)を挙げた。DeNAは連勝が4でストップ。2回途中3失点の先発・阪口はプロ初黒星を喫した。

 ロッテは初回、1番・荻野が二塁打でチャンスメイクすると、3番・清田の右前適時打で先制。続く井上は四球でつなぎ再び一死一、二塁とし、5番・レアードの左前適時打で2点目を加えた。2回も二死から荻野が四球で出塁し、続く鈴木の右翼線二塁打で長躯ホームイン。3-0とリードを広げた。

 種市は走者を出しながらも要所を締める投球。5回にソロ被弾で1点を返され、6回は二死満塁のピンチを背負ったが、前の回に本塁打を浴びている7番・ソトを空振り三振に仕留めピンチを脱した。成長著しい右腕は、4番・筒香を3打席連続空振り三振に仕留めるなど7三振を奪取。7回123球、5安打1失点の快投で、二木と並ぶチームトップの4勝目を手にした。8回以降は酒居、益田が完璧救援。2点リードの9回を締めた益田は13セーブ目(2勝4敗)をマークした。

 DeNAはプロ初勝利を目指した阪口が、1回2/3、4安打3失点で降板。ZOZOマリン特有の風に苦しんだか、2四球を与えるなど制球が定まらなかった。

 打線はロッテ先発・種市に苦戦。筒香は8回にも酒居の前に見逃し三振に倒れ、この試合4打席連続三振に終わった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西