ニュース

大矢氏、オリ・安達の併殺打に「1番が出ているのに…」

無断転載禁止
オリックス・安達了一
 18日の巨人戦に『2番・三塁』で先発出場したオリックスの安達了一は、チャンスを広げることができなかった。

 初回先頭の福田周平がセンター前ヒットで出塁すると、続く安達は巨人の先発・今村信貴が投じた外角の変化球を右方向に放つも、最悪の二ゴロダブルプレー。

 18日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-オリックス戦』で解説を務めた大矢氏は「あっさりダブルプレーになっちゃいましたね。インサイドにきたストレートにはファウルでうまく逃れたんですけど、そのあとシュート気味にいくボールを右にいこうという気持ちがあると、少し抜かれるとああいう形になりますよね」と解説。

 安達は0-3の4回も無死一塁のから今村のストレートを捉えるも、ショートゴロダブルプレーに打ち取られた。

 大矢氏は「先頭の1番が出ているのに、2番バッターでダブルプレーじゃ攻撃のしようがないですよね」と苦言を呈した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM