ニュース

谷繁氏、敗れたオリに「どこを反省しなければいけないかというと…」

無断転載禁止
8回、降板するオリックス先発のK―鈴木(中央奥)=東京ドーム(C)Kyodo News
2019.06.20 18:00
読売ジャイアンツ 4 終了 2 オリックス・バファローズ
東京ドーム
○ 巨人 4 - 2 オリックス ●
<3回戦・東京ドーム>

 オリックスはリードを守りきることができず、2-4で敗れた。

 オリックスは5回に大城滉二の2点適時三塁打で先制。先発・K-鈴木も巨人打線を4回までノーヒットに抑えるなど、5回まで無失点に抑えた。しかし、6回に丸佳浩に同点の2ランを浴びた。7回以降も投げ続けたK-鈴木は、8回も簡単に二死を奪ったが、亀井善行に四球を与えると、続く坂本勇人にも四球。ここで近藤大亮がマウンドにあがったが、2ストライクと追い込みながらも丸佳浩に勝ち越しの2点適時三塁打を浴びた。結局、これが決勝点となった。

 20日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-オリックス戦』で解説を務めた谷繁元信氏は、敗れたオリックスについて「継投はすごく難しいと思うんですよね。そのまま投げさせて打たれたら、なんで代えないんだと。代えて打たれたら、なぜいかせないんだとかね。そういう話になるんですよ。結果打たれましたけどしょうがない」と話し、「どこを反省しなければいけないかというと、2ストライクから(近藤が丸に)ヒットを打たれたところ。その前にも、K-鈴木が二者連続四球。これを彼が反省して次に活かせればいいのではないかと思います。K-鈴木はナイスピッチングでしたよ」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM