ニュース

日本ハム吉川、3回途中3失点で黒星 宇佐見との元Gコンビも復帰戦飾れず

無断転載禁止
西武戦に先発した日本ハム・吉川光夫=札幌ドーム
2019.07.04 18:00
北海道日本ハムファイターズ 2 終了 8 埼玉西武ライオンズ
札幌ドーム
● 日本ハム 2 - 8 西武 ○
<15回戦・札幌ドーム>

 西武は連敗ストップ。新助っ人の先発・ニールが6回無失点の快投で3勝目(1敗)を挙げた。日本ハムは連勝が2でストップ。巨人とのトレードで復帰した先発・吉川が、3回途中3失点で負け投手となった。

 吉川は巨人から“出戻りトレード”で日本ハムに再加入。同じくトレード加入した宇佐見との“元巨人バッテリー”で西武打線に挑んだ。初回をテンポ良く3者凡退で終えると、2回も四球を与えたが無失点。しかし0-0の3回、2安打と四球で一死満塁のピンチを招くと、3番・外崎に右中間へ走者一掃の3点適時三塁打を浴びた。

 3点を先制されたあと、続く山川に四球を与え降板。一死一、三塁とピンチは続いたが、代わった玉井が後続をしっかりと封じた。吉川は2回までは快調も、3回に崩れ2回1/3、62球で降板。3安打3四球の内容で3点を失った。

 日本ハムは4番手・バーベイトも、7回に一挙5失点。打線は西武先発・ニールに苦戦し、先発の吉川は巨人での成績も含め今季2敗目(0勝)を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西