ニュース

オリックス、ロッテに2勝1敗で勝ち越し 吉田正2打点&福田V打、田嶋2勝目

無断転載禁止
オリックス・田嶋大樹
2019.07.04 18:00
オリックス・バファローズ 4 終了 2 千葉ロッテマリーンズ
京セラD大阪
○ オリックス 4 - 2 ロッテ ●
<12回戦・京セラD大阪>

 オリックスがこのカード2勝1敗で勝ち越し。3番・吉田正が2打点をマークするなど打線を牽引し、5回2失点と粘った先発・田嶋は2勝目を挙げた。

 オリックスはモヤ加入に伴い、クリーンナップを3番・吉田正、4番・中川、5番・モヤに変更。初回、吉田正がさっそく先制打を叩き出すと、2回は7番・西村が、特大の1号ソロを左翼5階席へ運んだ。2-2の同点で迎えた5回は、1番・福田が適時三塁打を右翼後方へ運び勝ち越し。二死後、吉田正がこの試合2打点目となる左前適時打を放ち4点目を加えた。

 田嶋は序盤から四球が目立つも4回まで無失点。5回はバックの失策などで一死満塁のピンチを招き、押し出し四球と犠飛で2-2の同点に追いつかれた。それでも、逆転打は許さず5回104球、3安打4奪三振2失点(自責点0)の粘球。計5四球を与えるなど制球に苦しんだが、打線の援護もあり白星を手にした。

 6回以降はエップラー、比嘉、海田、ディクソンが無失点リレー。2点リードの9回を締めたディクソンは4セーブ目(1勝0敗)をマークした。

 ロッテは打線が振るわず、リーグ戦再開後初の負け越し。プロ入り2戦目となったドラフト3位の先発・小島は、6回4失点で2敗目を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西