ニュース

広島ワースト7連敗で3位後退&借金1 打線機能もアドゥワ6失点で4敗目

無断転載禁止
4回に阪神・糸原(手前)に3ランを浴びた広島先発のアドゥワ
2019.07.06 18:00
阪神タイガース 8 終了 5 広島東洋カープ
甲子園
○ 阪神 8 - 5 広島 ●
<14回戦・甲子園>

 阪神は連勝で勝率5割に復帰。広島は今季ワーストの7連敗で借金1となり、阪神と入れ替わり3位へ後退した。

 広島は相手先発が右サイドハンドの青柳ということもあり、スタメンに6人の左打者を並べた。その打線が機能。3点を先制された直後の2回、4番・鈴木、5番・松山、6番・安部の3連打で1点を返すと、3回は二死一、三塁の好機で、松山が2点適時二塁打を中前へ運び同点に追いついた。

 しかし、先発のアドゥワがピリッとしない。初回に4本の長短打を浴び3点を先制されると、同点に追いついてもらったあとの4回は、二死一、二塁の場面で、2番・糸原に今季1号となる3ランを右翼ポール際へ運ばれた。アドゥワは4回89球を投げ、10安打6失点で降板。試合を作れず今季4敗目(2勝)を喫した。

 打線はその後、松山の適時三塁打、7番・磯村の3号ソロで加点するも反撃及ばず。打線は11安打で5点を奪ったが、投手陣が14安打を浴び8点を失った。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西