ニュース

中日・柳、8回1失点でリーグ1位タイ9勝目 堂上キャリアハイ7号、連敗止まる

無断転載禁止
中日・柳裕也
2019.07.07 14:00
中日ドラゴンズ 7 終了 1 東京ヤクルトスワローズ
ナゴヤドーム
○ 中日 7 - 1 ヤクルト ●
<14回戦・ナゴヤドーム>

 中日は連敗を4でストップ。8回1失点の先発・柳は、リーグトップに並ぶ9勝目(2敗)を挙げた。

 中日は初回、ヤクルト先発・高梨を攻め一死一、二塁の好機を作ると、4番・ビシエドの2点適時二塁打で先制。なおも一死一、三塁の好機で、6番・堂上が7号3ランを左中間席へ運んだ。高梨と好相性の堂上は、これで対戦4安打すべてが本塁打。シーズン7号は自己最多となった。その後も9番・柳の適時二塁打で6点目。初回から打線がつながり打者一巡の猛攻を見せた。

 柳は1番・山田哲に先頭打者弾を浴びたものの、打線の援護を得たあとは要所を締める投球。快調にゼロを並べ、8回122球、8安打8奪三振1失点の好投で、自身6連勝とした。

 ヤクルトは先発・高梨の乱調が響き、連勝は4でストップ。右腕は3回7失点で5敗目(4勝)を喫した。打線は山田哲の先頭弾で先制したが、2回以降はゼロ行進。8安打で1得点と拙攻が目立った。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西