ニュース

広島8年ぶりの10連敗…山口1回KO、松山頭部死球後一死満塁の好機活かせず

無断転載禁止
中日戦に先発登板した広島・山口翔=ナゴヤドーム
2019.07.09 18:00
中日ドラゴンズ 6 終了 3 広島東洋カープ
ナゴヤドーム
○ 中日 6 - 3 広島 ●
<13回戦・ナゴヤドーム>

 広島は2011年以来8年ぶりの10連敗。先発の山口がプロ最短KOを食らい、1回5安打3失点で2敗目(1勝)を喫した。

 山口は初回、1番・平田に左前打を許すと、2番・大島には右翼線へ適時二塁打を浴び、わずか7球で先制された。さらに一死三塁から、4番・ビシエドは力強い直球で詰まらせたものの、これが右翼線にポトリと落ちる適時二塁打。5番・高橋にも一塁・松山を強襲する適時二塁打を許し、初回3失点でマウンドを降りた。

 2番手の遠藤も2回、一死から平田、大島に連打を浴び失点。1点差の5回は二死からの連打で一、三塁のピンチを招き、高卒ルーキーの8番・石橋に、右翼線を破る2点適時三塁打を浴びた。

 打線は1点を追う5回、一死一、二塁の好機で、5番・松山が頭部死球を受けた。中日の2番手・藤嶋は危険球退場となり一死満塁。一打出れば逆転のチャンスだったが、緊急登板の三ツ間に対し、6番・会沢、7番・安部が相次いで倒れた。

 広島は長いトンネルを抜け出せず、8年ぶりの10連敗で借金4。5位の中日に1.5ゲーム差に迫られた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西