ニュース

藪氏がみた阪神・メッセンジャー

無断転載禁止
今季最短で降板し7敗目を喫した阪神・メッセンジャー=甲子園(C)Kyodo News
2019.07.10 18:00
阪神タイガース 1 終了 4 読売ジャイアンツ
甲子園
● 阪神 1 - 4 巨人 ○
<13回戦・甲子園>

 阪神の先発・メッセンジャーが、今季最短の2回4失点でマウンドを降りた。

 メッセンジャーは初回、簡単に二死としたが、3番・丸佳浩にライトスタンドに本塁打を浴びる。続く2回は一死走者なしから連打で一、三塁とされると、炭谷銀仁朗に適時打を打たれ失点。さらに、二死後、亀井義行に四球を与え満塁のピンチを招く。ここを踏ん張りたいところだったが、坂本勇人に2点適時打を浴びた。メッセンジャーはその裏、打席が回ってきたところで、俊介に代打が送られ降板となった。

 MBSラジオ制作でニッポン放送でも放送された『阪神-巨人戦』で解説を務めた藪恵壹氏は、メッセンジャーについて「ホームランは仕方がないと思うんですけど、2点を失って、坂本選手のタイムリー、あれがメッセンジャーの心をズタズタにされましたよね。メッセンジャーは3失点だと、QSをやりたいということもあって、6回、7回まで頑張れるんですけど、4点目を失った瞬間に(集中力)切れるようなところがありますから」と振り返った。

 また、藪氏は今季のメッセンジャーについて「調子があがらないときというのは、投げているフォームを見たらわかるんですよ。頭が一塁側にいったときというのは、あんまりいい時じゃないですね。今日も体を振って、頭を一塁側のベンチに向かっていっていますね」と話した。

(提供=MBSベースボールパーク)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM