ニュース

巨人・菅野の投球に横山氏「良い回もあれば…」

無断転載禁止
7回途中で降板する巨人・菅野=マツダ(C)Kyodo News
2019.07.19 18:00
広島東洋カープ 7 終了 6 読売ジャイアンツ
マツダスタジアム
○ 広島 7 - 6 巨人 ●
<12回戦・マツダ>

 巨人のエース・菅野智之は、6回2/3を投げて、4失点で降板した。

 4回までに5点の援護をもらった菅野だが、中盤以降ピリッとしなかった。3回まで広島打線を無安打に抑えていたが、4回に鈴木誠也に適時打を浴びると、5回に西川龍馬の適時打で失点。6回は簡単に二死としたが、安部友裕に本塁打を打たれた。

 5-3の7回も二死走者なしから西川龍馬に二塁打で出塁を許すと、続く菊池涼介に適時三塁打を浴び、ここでマウンドを降りた。

 RCCラジオの制作でニッポン放送でも放送された広島-巨人戦で解説を務めた横山竜士氏は菅野の投球について「いい回もあれば、悪い回もあった。本人の表情を見ていてもそうなんですけど、なんとか苦しみながらゲームを作ってきたが、2アウトからの失点もあった。そこはもったいなかったような気がします。う〜ん、まさかですよね」と振り返った。

(提供:Veryカープ!RCCカープナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM