ニュース

NPBの移籍期限が終了…今季は7件のトレードが成立、19名が支配下登録掴む

無断転載禁止
トレードでオリックスに移籍した松井佑介(左)、モヤ(中)、松井雅人(右)

選手契約・譲渡可能期間終了


 7月31日、この日をもってプロ野球の“移籍期限”が終了した。

 より詳しく言うと、『野球協約』の第64条に規定される「新規選手契約可能期間、および第108条に規定される選手契約の譲渡可能期間」が7月31日に終了。8月1日以降は連盟選手権試合シーズン終了の翌日まで、ウエイバーの請求による選手契約の譲渡を除き、支配下選手契約の譲渡・譲受ができない。


 今年は例年以上に選手の異動が激しかったプロ野球。特に7月以降のいわゆる“駆け込み”移籍が多くみられ、今季のシーズン中に成立したトレード全7件のうち、実に5件は7月に行われたものだった。

 また、今年は19名の育成選手が支配下登録をゲット。この中から後半戦で秘密兵器となる選手は出てくるか、こちらも注目だ。


新規支配下選手登録


▼ 2月1日
【ロッテ】
ブランドン・レアード/内野手
背番号:54


▼ 2月6日
【オリックス】
成瀬善久/投手
背番号:46


▼ 3月4日
【巨人】
坂本工宜/投手
背番号:58
※育成選手からの移行


▼ 3月22日
【楽天】
ルイス・ヒメネス/内野手
背番号:99
※育成選手からの移行


▼ 3月26日
【ソフトバンク】
周東佑京/内野手
背番号:23
※育成選手からの移行

【ソフトバンク】
川原弘之/投手
背番号:63
※育成選手からの移行


▼ 5月2日
【オリックス】
張奕/投手
背番号:98
※育成選手からの移行


▼ 6月3日
【ソフトバンク】
カーター・スチュワート・ジュニア/投手
背番号:2


▼ 6月7日
【DeNA】
サミー・ソリス/投手
背番号:97


▼ 6月10日
【巨人】
加藤脩平/外野手
背番号:94
※育成選手からの移行


▼ 6月24日
【ソフトバンク】
オスカー・コラス/外野手
背番号:46
※育成選手からの移行


▼ 6月27日
【巨人】
ルビー・デラロサ/投手
背番号:97


▼ 6月28日
【西武】
斉藤誠人/捕手
背番号:78
※育成選手からの移行


▼ 7月5日
【巨人】
山下航汰/外野手
背番号:99
※育成選手からの移行


▼ 7月10日
【広島】
エマイリン・モンティージャ/投手
背番号:98
※育成選手からの移行


▼ 7月12日
【阪神】
ヤンガービス・ソラーテ/内野手
背番号:42


▼ 7月16日
【DeNA】
中川虎大/投手
背番号:93
※育成選手からの移行


▼ 7月25日
【オリックス】
神戸文也/投手
背番号:95
※育成選手からの移行

【オリックス】
本田仁海/投手
背番号:96
※育成選手からの移行


▼ 7月26日
【ロッテ】
レオネス・マーティン/外野手
背番号:79

【巨人】
堀岡隼人/投手
背番号:95
※育成選手からの移行


▼ 7月28日
【楽天】
由規/投手
背番号:63
※育成選手からの移行

【楽天】
寺岡寛治/投手
背番号:68
※育成選手からの移行


▼ 7月29日
【広島】
フアン・サンタナ/内野手
背番号:99
※育成選手からの移行


▼ 7月30日
【阪神】
片山雄哉/捕手
背番号:95
※育成選手からの移行


▼ 7月31日
【楽天】
ルシアノ・フェルナンド/外野手
背番号:97
※育成選手からの移行


トレード


▼ 3月29日
【DeNA】⇒【楽天】
熊原健人/投手
背番号:59

【楽天】⇒【DeNA】
浜矢広大/投手
背番号:52


▼ 6月28日
【巨人】⇒【日本ハム】
吉川光夫/投手
背番号:56

宇佐見真吾/捕手
背番号:30

【日本ハム】⇒【巨人】
鍵谷陽平/投手
背番号:32

藤岡貴裕/投手
背番号:47


▼ 7月2日
【中日】⇒【オリックス】
松井雅人/捕手
背番号:33

松井佑介/外野手
背番号:56

【オリックス】⇒【中日】
松葉貴大/投手
背番号:38

武田健吾/外野手
背番号:56


【中日】⇒【オリックス】
スティーブン・モヤ/外野手
背番号:1
※金銭トレード


▼ 7月4日
【広島】⇒【楽天】
下水流昂/外野手
背番号:46

【楽天】⇒【広島】
三好匠/内野手
背番号:35


▼ 7月5日
【阪神】⇒【ロッテ】
石崎剛/投手
背番号:58

【ロッテ】⇒【阪神】
高野圭佑/投手
背番号:30


▼ 7月8日
【巨人】⇒【楽天】
和田恋/外野手
背番号:54

【楽天】⇒【巨人】
古川侑利/投手
背番号:67


自由契約選手


・野球協約 第58条(自由契約選手)
選手契約が無条件で解除され、又はこの協約の規定により解除されたと見做された選手あるいは保留期間中球団の保有権が喪失し又はこれを放棄された選手は、その選手、球団のいずれかの申請に基づいて、又は職権により、コミッショナーが自由契約選手として公示した後、いずれの球団とも自由に選手契約を締結することができる。


▼ 5月7日
【西武】
星孝典/捕手
※任意引退選手公示抹消
└ 2016年10月12日に任意引退選手公示されていたが、今回急遽育成契約を結ぶことになった


▼ 6月27日
【オリックス】
ジョーイ・メネセス/内野手
※球団による契約解除


任意引退選手


・野球協約 第59条(任意引退選手)
(1)選手が参稼期間中又は契約保留期間中、引退を希望する場合、所属球団に対し引退したい理由を記入した申請書を提出する。球団は、当該選手が提出した申請書に球団としての意見書を添付し、コミッショナーに提出する。その選手の引退が正当なものであるとコミッショナーが判断する場合、その選手の引退申請はこの協約の第78条第1項の復帰条件を付して受理され、コミッショナーによって任意引退選手として公示され、選手契約は解除される。
(2)任意引退選手は、引退当時の所属球団の文書による申請により、コミッショナーが前項の公示を抹消したときには自由契約選手となる。

▼ 5月20日
【巨人】
上原浩治/投手


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西