ニュース

西武の金子侑司が右大腿骨骨挫傷で登録抹消

無断転載禁止
西武・金子侑司
2019.08.01 18:00
埼玉西武ライオンズ 10 終了 11 福岡ソフトバンクホークス
メットライフ
 西武は2日、8月1日のソフトバンク戦で右ひざに死球を受けた金子侑司選手が都内の病院で検査を受けた結果、右大腿骨骨挫傷と診断されたことを発表した。

 1日のソフトバンク戦に「7番・左翼手」で先発出場した金子侑は、2回裏の第1打席で死球を受け、一度はベンチに退きながらも出場を続け、佐藤の適時二塁打で一塁から長駆ホームインを果す場面もあったが、4回裏の第3打席で二ゴロに倒れると、5回表の守備からベンチに退いていた。

 ここまでリーグトップの32盗塁を記録し、後半戦に入ってからは打撃も好調だった金子侑だが、今回の診断結果を受け、一軍登録から抹消されることになった。なお、西武は同日に、駒月仁人捕手の登録も抹消。代わりに山田遥楓内野手と、愛斗外野手が昇格している。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西