ニュース

巨人・岡本の犠飛に谷繁氏が「ナイスバッティングなのか微妙」と話したワケ

無断転載禁止
巨人・岡本和真
 2日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-巨人戦』で解説を務めた谷繁元信氏が、4回の巨人・岡本和真の犠飛について語った。

 1-0の4回無死一、三塁で岡本が、1ボールからDeNA・平良拳太郎が投じた2球目の外角スライダーをレフトへ放ち犠飛となった。

 谷繁氏はこの犠飛に「ナイスバッティングなのか微妙なところなんですよ」と話す。その理由について「1ボールでしょ、1ボールからあの難しいボールを無理矢理打ってレフトフライ打つよりも、追い込まれるまではもっと甘いボールを待って強く振れるところを振って、4番ですから。追い込まれて今のバッティングだったら、ナイスバッティングなんですよ。もったいないんですよね」と説明した。

 試合後にも、谷繁氏は岡本について「結局、打線の中心は坂本、丸、亀井なんですよね。さすがにこの3人で1年間は無理ですから、そろそろ岡本がグッときてくれないと打線に繋がりが出てこない気がしますね」と言及。

 「今の状態を見ると振らなくていいボールを振っているんですよ。簡単に追い込まれて、際どいボールを投げられて凡打をする。これの繰り返しなんですよね。もっと自分の好きなところに投げさせるようにしていかないといけないんですよね」と課題点を挙げていた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
アナログ   やぎメール   FM