ニュース

101回目の夏を彩る注目選手たち:鈴木寛人(霞ケ浦)

無断転載禁止

超強力打線に挑む大型右腕


 8月3日に『第101回全国高等学校野球選手権大会』の組み合わせ抽選会が行われ、各校初戦の対戦カードが決定。いよいよ明日6日から“令和最初”の夏の甲子園が幕をあける。

 その101回目の夏に向け、注目してもらいたい選手たちをピックアップ。大会2日目となる8月7日の第1試合で、履正社(大阪)の強力打線に挑むのが、霞ケ浦(茨城)の“エース”鈴木寛人投手だ。

▼ 鈴木寛人(霞ケ浦/茨城)
3年 投手 186cm・79kg 右投右打

 今大会でも屈指の注目度の高さを誇る大型右腕。1年の秋には関東大会で先発を任せられるなど、その素質には早くから定評があったが、昨年は故障もあって伸び悩んだ。新チームになってもエースの座を奪うことはできず、停滞の時期が続いた。

 大きく成長したのはこの春から。一冬超えて体つきが一回り大きくなり、スピード、コントロールともに大幅にレベルアップ。春の県大会では2回戦で明秀日立に敗れたものの最速146キロをマークして注目を集めると、この夏は豊富な投手陣の中でエースの座をつかみ取った。

 夏の茨城大会で成長ぶりを見せつけたのが3回戦だ。相手は秋・春連続で関東大会に出場している藤代。好投手・中山航との投げ合いは0対0のまま延長に突入し、10回表には鈴木が先に一死二・三塁のピンチを招くが、相手の中軸を三振、ショートゴロに抑え込み、その裏のサヨナラ勝ちを呼び込んだ。この試合で勢いに乗った鈴木は、その後も安定した投球を続け、決勝の常磐大高戦では被安打1で無四球完封。チームを4年ぶりの甲子園出場に導いた。

 長身から投げ下ろす角度のあるストレートは、常時145キロ前後をマーク。ピンチでギアを上げられ、奪三振率も高い。初戦は強力打線の履正社が相手だが、茨城大会で見せたような投球を見せることができれば、抑え込むことも十分に期待できるだろう。

▼ 地方大会の成績
4試合 28回 被安打14 奪三振29 与四死球5 3失点

▼ 大会2日目・8月7日(水)
第1試合:履正社(大阪)- 霞ケ浦(茨城)<8:00>

文=西尾典文(にしお・のりふみ)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西