ニュース

西武、故障者続出も再び3位 殊勲の栗山「みんなが苦しい状況だと解ってる」

無断転載禁止
逆転2ランを放った栗山(背番1)を迎える西武ナイン
2019.08.07 18:00
埼玉西武ライオンズ 4 終了 3 東北楽天ゴールデンイーグルス
メットライフ
○ 西武 4 - 3 楽天 ●
<13回戦・メットライフ>

 西武が接戦に勝利。前夜の敗戦で明け渡した3位の座を再び取り戻した。

 西武は楽天先発・則本昂の前に3回まで1得点。それでも1点を追う4回、6番・栗山が5号2ランを右中間席へ運び逆転に成功した。その後3-3の同点に追いつかれたが、7回は二死満塁の好機で、5番・中村の打球は三塁前へ転がるボテボテのゴロ。これが適時内野安打となり再び1点を勝ち越した。

 守りでは8回、一死二塁のピンチで3番手・マーティンが左前打を許したが、左翼・栗山、遊撃・永江が素早い中継プレーを披露。4年ぶり出場となった捕手・中田も二走の田中にピンポイントタッチし、同点のピンチを切り抜けた。勝利投手は2番手の平井で5勝目(1敗)。1点リードの9回を締めた増田は17セーブ目(3勝1敗)をマークした。

 攻守で活躍した栗山は「みんなで『今日は今日でしっかり頑張ろう』と話していた。いいゲームをモノにできて良かったです」と安堵の表情。則本昂の直球を捉えた2ランについては「振り返ってみれば完璧な当たり」と話した。

 中継プレーは「あれは永江がよく投げてくれて、中田祥多がいいタッチをしてくれた」と後輩に感謝。チームは源田、金子侑、岡田などケガ人が相次いでいる状況だが、「みんなが苦しい状況だと解っている。出てる選手がその場、その場で集中して戦う。それができている」と、チーム一丸での勝利を強調した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西