ニュース

巨人が7カードぶりのカード勝ち越し! ここ2戦で18得点と打線が爆発

2019.08.10 14:00
読売ジャイアンツ 8 終了 4 東京ヤクルトスワローズ
東京ドーム
○ 巨人 8 - 4 ヤクルト ●
<19回戦・東京ドーム>

 序盤の猛攻で主導権を握った巨人が連勝。7カードぶりの勝ち越しを決めた。

 巨人は初回、2番・坂本勇人がキャリアハイに並ぶ第31号ソロを放つと、二死二三塁から6番・ゲレーロがレフトへ2点タイムリーツーベースを放ち、この回に3点を先制する。2回にもヤクルト先発・星知弥の制球難に乗じて二死満塁とし、4番・岡本和真の適時二塁打で2点、ゲレーロの押し出し四球でさらに1点を加点して6点のリードを奪った。

 2点を返された直後の3回には、8番・小林誠司の二塁打、9番・桜井俊貴のバント安打に相手の失策も絡み、1点を追加。5回には1番・亀井善行の第11号ソロが飛び出し、8-2とした。

 巨人の先発・桜井俊貴は3回に廣岡大志に第5号2ランを浴びるも、失点はこの一発のみに留めて6回2失点。先発の役割を果たし、6勝目(2敗)を挙げた。この日は勝ちパターンのデラロサと中川皓太が休養のためベンチを外れていたが、大量リードもあり巨人が逃げ切りに成功。4点差の最終回は4番手・澤村拓一が3者凡退に抑えた。

 巨人は7カードぶりのカード勝ち越し。この2試合で18得点と打線が活発な働きを見せた。

 ヤクルトは3連勝のあと3連敗。今季初先発の星が被安打5・与四球6で6失点し、2回持たずと大誤算。その一方、打線では青木宣親が第15号2ランを含む猛打賞と気を吐いた。

 
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西