ニュース

広島・磯村のサヨナラ犠飛に横山氏「いい仕事をしました」

無断転載禁止
11回広島一死満塁、代打磯村がサヨナラの左犠飛を放つ=マツダ(C)Kyodo News
2019.08.13 18:00
広島東洋カープ 2 終了 1 読売ジャイアンツ
マツダスタジアム
○ 広島 2x - 1 巨人 ●
<19回戦・マツダスタジアム>

 広島が磯村嘉孝の犠飛でサヨナラ勝ちを収めた。

 1-1の11回、先頭の鈴木誠也がフェンス直撃の二塁打で出塁すると、野間峻祥の犠打で一死三塁となる。続くメヒア、会沢翼の連続敬遠で満塁となると、代打・磯村が鍵谷陽平の投じたスライダーをレフトへ放ち、これが犠牲フライとなりサヨナラ勝ち。

 13日に放送されたRCCラジオの制作でニッポン放送で放送された広島-巨人戦で解説を務めた横山竜士氏は、「いい仕事をしましたね。しびれる場面だったと思います。甘いボールではありましたけど、一振りでよく外野まで持っていきましたよね」と磯村の働きぶりを評価した。

(提供:Veryカープ!RCCカープナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM