ニュース

大谷、代打で逆転勝利呼ぶ中前打 自己最長タイの8戦連続安打、打率.298

無断転載禁止
7回に代打安打を放ち、トラウトの適時打で生還する大谷翔平
○ エンゼルス 6 - 5 ホワイトソックス ●
<現地時間8月17日 エンゼル・スタジアム>

 エンゼルスの大谷翔平選手が17日(日本時間18日)、本拠地でのホワイトソックス戦に代打で出場。7回に逆転劇の足掛かりとなる中前打を放ち、自己最長タイの8試合連続安打をマークした。

 相手先発が左腕だったこともあり、10試合ぶりにスタメンを外れた大谷。出番は2-5と3点を追う7回、一死一塁の場面で訪れた。先発マスクの9番・スタッシの打順で代打出場。ホワイトソックスもここで、救援左腕のフライをワンポイントで投入した。

 1ボール後の2球目。外角低めのカットボールに手を伸ばし、軽打した打球は中前へポトリ。この一打で一死一、二塁の好機を作った。エンゼルスは続く1番・フレッチャーが四球を選び、一死満塁から2番・トラウトが左翼への2点適時打マーク。二走・大谷は快足を飛ばし、4点目となるホームへ滑り込んだ。エンゼルスはその後も、敵失と押し出し四球で加点。7回だけで打者10人を送り込み、6-5と逆転に成功した。

 大谷は1打数1安打1得点の働き。8試合連続安打で打率を.298に上げた。エンゼルスは逆転勝利。1点リードの9回は、守護神のロブレスが18セーブ目で締めた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西