ニュース

大谷、黒の”SHOW TIME”ユニで出場も不発…4の0、エンゼルスは3連敗

無断転載禁止
ニックネーム入りのユニフォームを身にまとい、アストロズ戦に「3番・指名打者」で出場した大谷
○ アストロズ 5 - 4 エンゼルス ●
<現地時間8月23日 ミニッツメイド・パーク>

 エンゼルスの大谷翔平選手が23日(日本時間24日)、敵地でのアストロズ戦に「3番・指名打者」で先発出場。4打数無安打に倒れ、チームも3連敗を喫した。

 この日は「プレーヤーズ・ウイークエンド」と称し、アストロズは白、エンゼルスは黒基調のユニホームを着用。背中部分には各選手のニックネームが記され、大谷は昨年に続き「SHOW TIME」を採用した。

 アストロズの先発は、7月末にダイヤモンドバックスからトレードで加入し、前回登板でメジャー通算200勝(122敗)を達成したグリンキー。大谷は右腕に対し、初回の第1打席は中飛、3回の第2打席はニゴロ併殺に仕留められた。

 2-4と2点を追う6回は、先頭打者として相手二塁手・アルトゥーベの失策で出塁。続くカルフーンの右前打で三塁へ進み、5番・アップトンの三ゴロの間に3点目のホームを踏んだ。1点を追う7回は二死一、三塁の好機で救援右腕のハリスと対戦。追い込まれたあとの高めカットボールを振らされ空振り三振に倒れた。

 大谷は失策出塁で1得点を記録したが、4打数無安打1三振。打率は.302となった。アストロズは2回に2点を先制するも、同地区首位のアストロズに逆転負け。3連敗で借金は5に膨らんだ。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西