ニュース

谷繁氏、阪神・西のスクイズに「両チームの監督の…」

2019.08.31 18:00
阪神タイガース 4 終了 2 読売ジャイアンツ
甲子園
○ 阪神 4 - 2 巨人 ●
<21回戦・甲子園>

 阪神の西勇輝が、スクイズを決めた。

 1-0の2回一死一、三塁で西は初球、スクイズを試みるもファウル。巨人・山口俊、小林誠司バッテリーはスクイズを警戒してか3球連続で外に外しボール。3ボール1ストライクから山口が投じた5球目のストレートに、西が一塁方向へ転がしスクイズを成功させた。

 8月31日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 阪神-巨人戦』で解説を務めた谷繁元信氏は、このスクイズに「両チームの監督の駆け引きというかね。3ボール1ストライクで絶対に外せないカウントになった。そこで確信を持って、矢野監督がスクイズのサインを出しましたよね。3ボール1ストライクに持っていった阪神ベンチが勝ったということなんですよ。これは面白かったですね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM