ニュース

谷繁氏、首位・巨人が連敗止めるも「突っ走りそうな感じはまだない」

無断転載禁止
連敗を6で止め、タッチを交わす巨人の坂本勇(右端)と山口。左端は原監督=神宮(C)Kyodo News
2019.09.07 17:00
東京ヤクルトスワローズ 6 終了 10 読売ジャイアンツ
神宮
● ヤクルト 6 - 10 巨人 ○
<22回戦・神宮>

 首位・巨人が最下位・ヤクルトに10-6で勝利し連敗を6で止めた。

 3-3の4回にゲレーロの第19号ソロで勝ち越すと、6回に田中俊太の第4号ソロ、7回に一挙5点を挙げリードを広げた。10-4の8回に2点を失ったが、4点リードの9回はデラロサが走者を出しながらも試合を締めた。

 7日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた谷繁元信氏は「突っ走ると思ったので、正直この6連敗は想定外なんですよ。ただ今日の試合を見て突っ走りそうな感じはまだない。もう少しもつれるんじゃないかなと。もつれる中で来週の横浜戦ですよね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM