ニュース

楽天連勝!5割復帰で3位ロッテと0.5差 ソフトバンク3連敗、首位西武と2差

無断転載禁止
6回、島内の適時打で生還し、ウィーラー(左)らナインとタッチする楽天・渡辺佳
2019.09.18 18:00
福岡ソフトバンクホークス 2 終了 6 東北楽天ゴールデンイーグルス
ヤフオクドーム
● ソフトバンク 2 - 6 楽天 ○
<24回戦・ヤフオクドーム>

 楽天は2連勝。勝率を5割に戻すと同時に、3位・ロッテに0.5ゲーム差に迫った。ソフトバンクは痛恨の3連敗。首位・西武とのゲーム差は2に開き、ライバルの優勝マジックは「6」となった。

 楽天は2-2の同点で迎えた6回、無死一、二塁の好機を作ると、6番・藤田がバントの構えから強行。これが勝ち越しの右前適時打となり、ベテランは「打ったのはストレート。(相手が)シフトを敷いてきたのでバスターしました。いいところに飛んでくれました」と振り返った。その後も、7番・渡辺佳のセーフティースクイズ(記録は犠打野選)、1番・島内の中前適時打で一気に3得点。7回にも渡辺佳の左前適時打で6-2とリードを広げた。

 先発・美馬は初回からピンチの連続も、5回2失点と粘り8勝目(5敗)。6回以降は宋、ブセニッツ、森原、松井が無失点リレーで締めた。

 ソフトバンクは2点を先制された直後の1回裏、5番・グラシアルの適時打などですぐさま同点に追いつくも、なおも一死二、三塁の好機で6番・松田宣、7番・甲斐が凡退。不安定だった楽天先発・美馬を攻略し切れなかった。

 先発の高橋礼は、6回途中5失点と粘れず5敗目(11勝)。降板後「調子どうこうではなく、チームに流れを持ってくる投球ができませんでした。勝負所でボールが甘くなってしまうのは、自分の弱い部分だと思う。大事な試合を壊してしまい、申し訳ないです」と振り返った。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西