ニュース

楽天、ロッテとの直接対決制し3位浮上 則本昂8回0封4勝目、大一番で快投!

無断転載禁止
楽天・則本昂大
2019.09.19 18:15
千葉ロッテマリーンズ 0 終了 2 東北楽天ゴールデンイーグルス
ZOZOマリン
● ロッテ 0 - 2 楽天 ○
<25回戦・ZOZOマリン>

 楽天がロッテとの今季最終戦を制し3位浮上。先発・則本昂が8回無失点の快投を見せ今季4勝目(5敗)を挙げた。

 楽天は初回、5番・銀次の中前適時打で先制。1点の援護をもらいその裏のマウンドに登った則本昂は、先頭の荻野に中前打を許すも、続く鈴木を併殺に仕留めピンチの芽を摘んだ。2回以降はテンポ良くアウトを重ね、6回途中まで13打者連続アウトをマーク。尻上がりの投球内容でロッテ打線を寄せつけなかった。

 8回は二死から8番・中村奨に大飛球を打たれるも、これを中堅・辰己がジャンプ一番で好捕。則本昂は拳を突き上げルーキーの好守に感謝した。8回を112球で投げ抜き、3安打5奪三振無失点。大一番で快投を披露しチームを3位浮上へ導いた。

 打線は2回以降、拙攻が続いていたが、1点リードの9回、二死二塁の好機で1番・島内が貴重な適時三塁打。その裏は守護神・松井が、シーズン自己記録を更新する36セーブ目(2勝7敗)で締めた。

 楽天はここへ来て、岸、美馬、則本昂の三本柱で3連勝。一方のロッテは4位転落となり、5回1失点の先発・小島は打線の援護なく5敗目(3勝)を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西