ニュース

ヤクルトが村中、大引ら5選手に戦力外通告

無断転載禁止
村中恭兵
 ヤクルトは1日、村中恭兵投手(31)、岩橋慶侍投手(28)、沼田拓巳投手(25)、山川晃司選手(22)、大引啓次選手(35)の5選手に対して、来季の契約を結ばないことを通達した。

 東海大甲府高から2005年の高校生ドラフト1巡目で指名を受けた村中は、プロ3年目の2008年に開幕ローテ入りを果たし、プロ初勝利も記録。6勝(11敗)を挙げたが、左ひじの故障などもあり、規定投球回に到達することはなかった。その後、2010年(11勝10敗)と2012年(10勝7敗)に2ケタ勝利を挙げ、規定投球回にも到達。ケガなどもあり、2016年には中継ぎという新たな役割の中で52試合に登板するも、その後は思うような成績を残すができなかった。

 また、2006年の大学生・社会人ドラフト3巡目で法政大学がオリックスに入団した大引は、日本ハムへの交換トレードを経て、14年オフにFA宣言をしてヤクルト入り。故障による離脱などもあったが、遊撃のポジションをしっかりと埋め、チームのリーグ優勝に貢献した。その後は度重なる負傷の影響もあって出場機会を減らしたが、今季も70試合に出場。8月23日の阪神戦で通算1000安打も記録した。


▼ ヤクルト・戦力外通告
村中恭兵(14年目/31歳)
岩橋慶侍(6年目/28歳)
沼田拓巳(2年目/25歳)
山川晃司(5年目/22歳)
大引啓次(13年目/35歳)

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西