ニュース

ソフトバンク、連勝で白星先行! 中村晃3打点、8回から森突入で逃げ切り

無断転載禁止
3回に右越え2ランを放ち、デスパイネ(左)とタッチするソフトバンクの中村晃
2019.10.10 18:00
埼玉西武ライオンズ 6 終了 8 福岡ソフトバンクホークス
メットライフ
パCSファイナルステージ第2戦
● 西武 6 - 8 ソフトバンク ○
<10月10日 メットライフ>

 ソフトバンクがファイナルステージ2連勝。西武のアドバンテージ1勝を含め、同ステージの対戦成績を2勝1敗とした。

 ソフトバンクは初回、西武先発・今井の立ち上がりを攻め、5番・中村晃の右前適時打で先制。2回は1番・牧原の右犠飛で2点目を奪った。3回は4番・デスパイネの適時二塁打で3点目を加えたあと、なおも無死二塁で中村晃が豪快2ランを右翼席中段へ。スタメン起用に応えた背番号7は「打ったのはストレート。初球からミスショットせずにしっかり仕留められました。柳田さんとデスパの良い流れにのる事ができて良かったです」と振り返った。

 その後も9番・高谷の適時二塁打、7番・内川の右前適時打で4回まで毎回となる7得点。この日も組み替えた打線がしっかりとつながった。

 投げては先発・武田が3回まで無失点と好投していたが、ソロ被弾で1点を返された4回にアクシデント発生。この試合、攻守で活躍していた先発マスクの高谷が、ファウルフライを追いかけた際に、三塁側ベンチ横に設けられていた棚状の箇所に激突。あご付近を切り流血し、そのまま負傷交代となった。

 武田は代わった甲斐とのコンビで5回も続投したが、先頭から連打を許し降板。リリーフした嘉弥真、石川が適時打を浴び、7-4と3点差に詰め寄られた。それでも6回、6番・グラシアルが左越えソロを放ち再び4点差。救援陣は6回以降も2点を失ったが、最後は8回途中から登板した森が4つのアウトを奪い逃げ切った。

 ソフトバンクは楽天とのファーストステージ第2戦から、CSはこれで4連勝。3年連続の日本シリーズ進出へ、あと2勝とした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西