ニュース

ソフトバンク3年連続日本一へ快勝発進! セ王者巨人を圧倒、千賀7回1失点

無断転載禁止
7回のピンチで巨人の代打・重信を見逃し三振に仕留め、雄たけびを上げるソフトバンク・千賀
2019.10.19 18:30
福岡ソフトバンクホークス 7 終了 2 読売ジャイアンツ
ヤフオクドーム
SMBC日本シリーズ2019・第1戦
○ ソフトバンク 7 - 2 巨人 ●
<10月19日 ヤフオクドーム>

 パ・リーグ2位のソフトバンクが、セ・リーグ王者・巨人との日本シリーズ第1戦に快勝。日本シリーズ3連覇へ白星スタートを切った。

 ソフトバンクは1点を追う2回、6番・グラシアルの左越え2ランで逆転。6回は5番・中村晃の中犠飛で3-1とリードを広げた。7回は1番・牧原の2点適時打で5点目を奪うと、3番・柳田も右前適時打を放ち6点目。その後も代打・福田のニゴロの間に1点を加え、7-1と巨人を突き放した。

 投げては、3年連続で日本シリーズ初戦先発を託された千賀が快投。2回に巨人・阿部に先制となるソロ本塁打を浴びたが、序盤から安定した投球でアウトを重ねた。2-1と逆転してもらった直後の3回は、2四球で二死一、二塁のピンチを招くも4番・岡本を遊ゴロ斬り。4回以降は3イニング連続3者凡退でゼロを並べた。

 2点リード7回は二死からの連打を浴びピンチを招いたが、最後は代打・重信を見逃し三振斬り。7回106球、3安打5奪三振1失点の好投で、8回以降は甲斐野、森の継投で巨人打線の反撃を1点に抑えた。

 巨人は打線が計6安打に封じられ、得点は5番・阿部、6番・大城のソロ本塁打による2点のみ。先発の山口は6回3失点と粘ったが、打線の援護なく日本シリーズ初先発は黒星となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西