ニュース

巨人・高橋、日本S初登板は3回途中2失点 鍵谷火消し後、亀井が同点弾

無断転載禁止
巨人・髙橋優貴 (C) Kyodo News
2019.10.22 18:15
読売ジャイアンツ 2 終了 6 福岡ソフトバンクホークス
東京ドーム

亀井先頭弾で先制も…あっさり逆転許す


 巨人の高橋優貴投手が22日、日本シリーズ第3戦(東京ドーム)に先発登板したが、3回途中2失点で降板した。

 高橋は初回、フトバンクの上位打線を相手に四球を1つ与えたものの無失点スタート。しかし、亀井の先頭打者弾で先制してもらった直後の2回表、5番・グラシアルに同点となる中越えソロを浴びた。

 2回は一死から四球と安打でピンチを招くと、二死後、4番・デスパイネに逆転となる中前適時打を許した。高橋はここで降板。代わった鍵谷が、続くグラシアルを空振り三振に仕留め追加失点は防いだ。

 高橋は2回2/3を投げ1被弾を含む3安打2四球2失点の内容。球団では高橋尚成氏以来となる新人での日本シリーズ初登板初勝利が期待されたが、計53球でノックアウトされる結果となった。

 敵地で連敗し第3戦も苦しい展開となった巨人だが、3回裏に再び亀井が豪快ソロを右翼席最上段へ。リードオフマンの2打席連発で2-2の同点に追いついた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西