ニュース

ソフトB、長谷川勇の犠飛などで4点勝ち越し ミス逃さずキッチリ加点!

無断転載禁止
ソフトバンク・長谷川勇(左)
2019.10.22 18:15
読売ジャイアンツ 2 終了 6 福岡ソフトバンクホークス
東京ドーム

代打の切り札を早くも4回に投入!


 日本シリーズ3連覇へ2連勝スタートを切ったソフトバンクが22日、敵地・東京ドームでの第3戦の4回に一挙4点を勝ち越した。

 ソフトバンクは2-2の同点で迎えた4回、この回から登板した巨人の新人右腕・戸郷に対し、一死から安打と四球で一、二塁の好機を作った。ここで9番・バンデンハークは投手前へ送りバント。打球が強く三塁はアウトのタイミングだったが、戸郷の三塁送球がワンバウンドし、敵失で一死満塁と好機を広げた。

 1番・川島の打順で、工藤監督は早くも代打・長谷川勇をコール。長谷川勇は犠飛を左翼へ打ち上げると、三走・内川は悠々と勝ち越しホームを駆け抜けた。

 なおも二死満塁から、3番・柳田が押し出し四球を選び4点目。さらに、続くデスパイネは2点適時打を左前へ運び、6-2と一気にリードを広げた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西