ニュース

ソフトバンク、3年連続日本一に王手! 巨人に3連勝、今PS怒涛の9連勝

無断転載禁止
ソフトバンクの選手たち
2019.10.22 18:15
読売ジャイアンツ 2 終了 6 福岡ソフトバンクホークス
東京ドーム
SMBC日本シリーズ2019・第3戦
● 巨人 2 - 6 ソフトバンク ○
<10月22日 東京ドーム>

 パ・リーグ2位からクライマックスシリーズを勝ち上がってきたソフトバンクが、セ・リーグ優勝を果たした巨人に3連勝。3年連続日本一に早くも王手をかけた。

 ソフトバンクは2-2の同点で迎えた4回、巨人の3番手・戸郷に対し、一死から安打と四球で一、二塁の好機を作ると、先発投手の9番・バンデンハークは投手前へ送りバント。これが戸郷の三塁送球を誘い一死満塁と好機を広げた。

 1番・川島の打順で、工藤監督は早くも代打・長谷川勇を投入。長谷川勇は犠飛を左翼へ打ち上げると、三走・内川は悠々と勝ち越しホームを駆け抜けた。なおも二死満塁で、3番・柳田が押し出し四球を選び4点目。さらに、続くデスパイネは2点適時打を左前へ運び、6-2と一気にリードを広げた。

 バンデンハークは巨人の1番・亀井に2打席連続ソロを浴び、4回2失点で降板。それでも、5回以降は2番手・石川が2回無失点。7回以降も甲斐野、モイネロ、森が1イニングずつを無失点リレーで締めた。

 ソフトバンクは今年のポストシーズン(PS)、これで楽天とのCSファーストステージ第2戦から怒涛の9連勝。勢いはとどまる気配がない。

 巨人は1番・亀井の先頭打者弾含む2本塁打も、先発を託されたドラフト1位左腕・高橋が3回途中2失点で降板。4回には同じく新人の戸郷が自らのミス絡みで一挙4点を失い、早くも崖っぷちに立たされた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西