ニュース

鷹3年連続日本一、MVPは計3発グラシアル 巨人は屈辱4連敗、亀井が敢闘賞

無断転載禁止
ソフトバンクのグラシアル
SMBC日本シリーズ2019・第4戦
● 巨人 3 - 4 ソフトバンク ○
<10月23日 東京ドーム>

 パ・リーグ2位からクライマックスシリーズを勝ち上がってきたソフトバンクが、セ・リーグ王者の巨人に4連勝。球団史上初となる3年連続日本一(10度目)を成し遂げた。

 ソフトバンクは4回、5番・グラシアルのこのシリーズ3本塁目となる中越え3ランで先制。7回は代打・長谷川勇のニゴロが適時失策を誘い貴重な4点目を奪った。投げては先発の和田が5回1安打無失点の快投。6回以降は小刻みな継投で逃げ切り、1点リードの9回は守護神・森が締めた。

 ソフトバンクは楽天とのCSファーストステージ第1戦に敗れたが、第2戦から2連勝しステージ突破。ファイナルステージではパ・リーグ優勝の西武に4連勝し、この日本シリーズでもセ・リーグ優勝の巨人を圧倒。ポストシーズン(PS)怒涛の10連勝でゴールテープを切った。

 日本シリーズMVPはソフトバンクのグラシアル。第1戦、第4戦で決勝ホームランを放つなど、計4試合で打率.375、3本塁打、6本塁打をマークした。優秀選手賞は、第2戦で好投した高橋礼、第3戦で3打点を挙げたデスパイネ、第2戦で決勝3ランを放った松田宣のソフトバンク3選手。敢闘選手賞には、第3戦で先頭打者弾を含む2打席連続本塁打をマークした巨人・亀井が選ばれた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西