ニュース

ドラフト診断~巨人編~ 「今年もクジ運には見放されたが…」

無断転載禁止
巨人のドラフト指名選手

各球団のドラフト指名選手を解説!


 10月17日(木)、今年のプロ野球・ドラフト会議が開催され、育成を含めると107名のアマチュア選手がプロ入りの切符を掴んだ。

 ベースボールキングでは、ドラフト会議翌日の18日にYouTubeチャンネルにて「ドラフト会議2019振り返り!」を生配信。アマチュア野球を中心に様々な媒体に寄稿するスポーツライターで、ドラフト会議の当日はCS放送のスポーツチャンネル『スカイA』で生中継の解説も担当した西尾典文さんにご出演いただき、各球団の今年の指名を振り返っていただいた。


巨人・指名選手


1位:堀田賢慎(ほった・けんしん)
投手/18歳 右投右打 青森山田高
[スカウト評]
長身から投げ下ろす本格派右腕。肩・ひじの柔軟性を生かした、しなやかなフォームから投げ込む最速150キロ超の速球は魅力。(柏田貴史)

2位:太田 龍(おおた・りゅう)
投手/20歳 右投右打 JR東日本
[スカウト評]
長身からの角度のある最速150キロ超のストレートが魅力。けん制、フィールディングなどの動きも卒なくこなせる器用さを備えている。(織田淳哉)

3位:菊田拡和(きくた・ひろかず)
内野手/18歳 右投右打 常総学院高
[スカウト評]
守備範囲が広く、打球に対する反応も良い。バッティングでは軸がぶれずに、しっかりとスイングができ、ハンドリングも柔らかい。高校生離れした長打力を持ち、コースに逆らわず広角に打てる。(内田強)

4位:井上温大(いのうえ・はると)
投手/18歳 左投左打 前橋商高
[スカウト評]
バランスの取れたフォームから球筋の良いボールを投げる。ストレート、カーブ、スライダー、チェンジアップの全球種でレベルが高い。制球も安定し、四球で崩れることもなく、けん制、フィールディングなど総合力で抜けた選手。(内田強)

5位:山瀬慎之助(やませ・しんのすけ)
捕手/18歳 右投右打 星稜高
[スカウト評]
肩が最大の魅力。捕球してからのボールの握り替えが速く、スローイングも安定している。高校生としては、キャッチング、悪球処理にも長けており、将来のレギュラー候補として期待できる。(織田淳哉)

6位:伊藤海斗(いとう・かいと)
外野手/18歳 左投左打 酒田南高
[スカウト評]
恵まれた体格で、芯に当たった時の打球速度と飛距離は高校生離れしている。(柏田貴史)


育成1位:平間隼人(ひらま・はやと)
内野手/22歳 右投左打 徳島インディゴソックス
[スカウト評]
身体能力が高い内野手。スピードがあり積極的なプレーをする。打撃はスイングがシャープでボールへのコンタクトがうまい。(野間口貴彦)

育成2位:加藤壮太(かとう・そうた)
外野手/21歳 右投左打 埼玉武蔵ヒートベアーズ
[スカウト評]
足が速く守備範囲も広い。打撃は昨年より飛距離が出るようになった。まだ若く今後の成長に期待。(野間口貴彦)


「全体的な印象としては悪くない」


 巨人は最初の指名で星稜・奥川恭伸を指名するもクジに敗れ、再入札でも東芝・宮川哲が西武と被ってまたもハズレ。3度目の入札で青森山田の右腕・堀田を指名した。

 原辰徳監督はこれでくじ引きが1勝10敗という部分が話題となったが、西尾さんに伺うと「その割には悪くなかったなという印象です」と言う。

 「昨年もでしたが、即戦力ではなく将来を見据えた一貫した姿勢が見えますよね。1位の堀田投手、2位の太田投手も社会人ではありますが、プロでの覚醒に期待がかかる大器タイプ。大きな身体が魅力のスケール型の投手で、菅野投手の後の将来のエース候補を…という意気込みがよく見て取れます」と語る。

 さらに、3位の常総学院高・菊田についても、「1位と2位がエース候補なら、3位は大砲候補。常総のバレンティンという異名もあったくらい飛ばすことに秀でた選手で、飛ばす力だけで言えば西の井上(広大/履正社→阪神)、東の菊田というイメージ。ホームランバッターになれる素材です」と、未来を見据えた上位指名に太鼓判を押した。


注目は「育成2位」の…


 さらに、下位でも4位は左腕の井上、5位で捕手の山瀬、6位で外野手の伊藤とバリエーション豊かな逸材をチェック。

 「井上投手は本当にフォームのキレイな左ピッチャーで、今後の成長に期待が持てる投手です。山瀬選手は奥川投手とのコンビが注目されましたが、個人で見ても能力は高く、とにかく肩が強い。阿部慎之助選手が引退しますが、その後の慎之助という部分でも、巨人ファン的には楽しみなんじゃないでしょうか」と分析。

 つづけて、「6位の伊藤選手も直接見ることはできなかったんですが、187センチと恵まれた体格を持った将来性豊かな外野手。育成2位で獲った加藤選手もですが、やはり強いて言うと外野の高齢化が気になる課題としてあがるところで、この2人を指名できたことは大きいですよね」と語りつつ、「特に加藤選手なんかはまだ21歳と若いですが、今年の山下選手のように育成からすぐに支配下に上がって一軍デビューも…というところまで期待させる素材。原監督は実力さえあれば若い選手もどんどん抜擢するので、そういった部分でも楽しみです」と、将来を見据えた指名となったなかでも、外野手の2名については1年目からの躍動にも期待を寄せている。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西