ニュース

メジャー挑戦のDeNA・筒香嘉智「気持ち良く、快く送り出してくれるファンに感謝」

無断転載禁止
ファンに挨拶する筒香

注目を集めたキャプテン


 ベイスターズがファンに1年間の応援を感謝する恒例イベント「ファンフェスティバル 2019」が24日、追浜の横須賀スタジアムなどで盛大に行われた。

 ポスティングシステムによるメジャー挑戦を表明している筒香嘉智にとっては、ベイスターズのユニフォームを着る最後の機会となる可能性もあり、大きな注目を集めた。

 「CAPTAIN TSUTSUGO」と銘打たれたトークショーでは、タイトル通り筒香を中心に、横浜高校の先輩で、筒香の前のキャプテンを努めた石川雄洋、DeNA初期から筒香と共にチームをけん引した梶谷隆幸、ビッグ4の一員でもある宮崎敏郎、内野の要・大和、筒香を慕っている柴田竜拓、横浜高校の後輩・乙坂智、筒香の後釜を期待されている佐野恵太らと今シーズンを振り返った。

 トークショーでは、石川が1000安打を放った際のケーキ秘話も。筒香がケーキを用意したが、大和はその事を全く知らず、その話を梶谷に振ると、「僕は一軍にいませんでした」と答え、会場は爆笑の渦に。その他にも、“先輩”石川による筒香弄りなどで、会場は大盛り上がり。最後は、一人ひとりがファンへの感謝を口にし、来季への意気込みと変わらぬ声援をお願いしてショーを締めくくった。


あらためてファンに感謝


 すべてのイベントの最後には、キャプテンとしてマイクの前に立った筒香が「今年1年、最後まで熱い声援をありがとうございました。僕はこのオフにポスティングシステムを利用して、メジャーリーグに挑戦しますが、皆様の熱い声援があり、ここまで成長することができました。10年間ここ横浜でプレーすることができたことは本当に嬉しく感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました」と、あらためて謝辞を述べた。

 さらに「来年は素晴らしい先輩後輩が必ず皆様と共にシーズン終わったあとに喜び合えるような成績を残してくれると思います。僕も遠くからですが、愛する横浜ベイスターズを応援しています。来年も応援よろしくお願いします」と、集まったファンに挨拶した。

 イベント後、筒香は「最後まで声をかけていただき、感謝の気持ちでいっぱい。最初はうまくいかないことばかりで、自分自身悔しい思いだったが、ファンの方の熱い声援でここまで来ることができた。これだけ前向きな、素晴らしい声をかけていただき、横浜の方は素晴らしいとあらためて思いました。気持ち良く、快く送り出していただけることに感謝したい」とファンの存在の大きさを強調していた。

 筒香がファンに対する感謝を口にすると共に、ベイスターズファンも、海を渡る我らがキャプテンの、文字通りその大きな背中を後押しする約束を、ファンフェスティバルで示した。遠く離れたメジャーの舞台で「TSUTSUGO」が大活躍する姿を、横須賀に集まった全員が確信したはずだ。

 
取材・文=萩原孝弘(はぎわら・たかひろ)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西