ニュース

楽天・則本昂大が1イニング毎に1万円寄付へ「来季はキャリアハイのイニングを」

無断転載禁止
楽天・則本昂大
 楽天は29日、則本昂大投手が2020シーズンより、1イニング投げるごとに、公益社団法人チャンス・フォー・チルドレンに1万円を寄付することを発表した。

 なお、今シーズンは背番号「14」にちなみ、140万円を寄付している。来季は公式戦だけでなく、ポストシーズンのイニング数も加算されるとのこと。則本の過去最多投球回は、2014年の202.2回となっている、

 則本昂は「以前から何かをしたいという思いがありました。自分は小さい時にそんなに裕福ではなかったので、そのような境遇の子どもたちの力に少しでもなることができたらと思い、このたび、微力ではありますが、1イニング投げるごとに1万円を寄付させていただくことになりました」とコメント。

 さらに、「自分が元気にシーズンを通して投げ続けることで、喜んでくれる子どもたちがいると思うと、モチベーションにもつながります。今シーズン、個人的には悔しい思いをしたので、来シーズンこそはキャリアハイのイニングを投げ、チームの勝利に貢献し、子どもたちに日本一を見せたいです」と続け、ケガの影響で68イニング(※ポストシーズン含まず)に終わった今季からの巻き返しを誓った。

 「チャンス・フォー・チルドレン」は、主に経済的な理由によって教育を十分に受けることができない子ども、若者及びその家族に対する支援活動を通じて、貧困の世代間連鎖を断ち切ることを目的としており、経済的な困難を抱える子どもたちに塾や習い事、体験活動等で利用できるスタディクーポン等を提供している。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西