ニュース

西武のムードメーカー、熊代と岡田が“いちご狩り”でファンと交流

無断転載禁止
ファンと共にいちご狩りを楽しんだ西武の熊代聖人と岡田雅利
 令和元年の師走に、西武の平成元年生まれコンビ!?熊代聖人と岡田雅利が、満面の笑みで真っ赤ないちごを頬張る。


 埼玉県川越市内の『@FARM』にある、いちごトマト農園で26日、約100倍という倍率の中から選ばれたラッキーな20名のファンと、西武の熊代と岡田がゲーム形式でいちご狩りを楽しんだ。

 いちご狩りは、熊代チームと岡田チームに分かれ、「最も重いいちご」を探すゲーム形式で進行。いちごの重さは平均20~25グラムが“相場”となるが、岡田チームが40グラムのいちごを発掘し、見事「最重量認定」を勝ちとった。

 勝利を収めた岡田は「いやーすごく楽しかった」と振り返りつつ、いちご狩りは5月上旬まで楽しめることもあり、「機会があれば家族と一緒にまたここに戻ってきたい」と笑顔を見せた。

 『@FARM』は、タクシー事業や自動車教習所事業、段ボール製造販売事業を営む三共木工グループが運営する「いちごトマト農園」で、「農業をやるのがかねてからの夢だった」という森田精一郎代表取締役副社長の思いから、2017年に1万5000平米という広大なスペースを活用して農業事業を開始した。同園はトマトも栽培しており、岡田が「(トマトも甘くて)イチゴかと思ってたわ」と笑うと、熊代も、いちごの大きさに感動しながら、「トマトが美味しかった。リコピンが多いのがすぐに分かったわ」とドヤ顔で話し、ファンを笑わせた。


 イベントの最後に行われたトークショーでは、岡田が「3連覇できるのはライオンズだけ! 日本一目指して頑張りましょう」と呼びかけると、熊代も「来季、チームの勝利に貢献できるように。岡ちゃんと頑張ります」と活躍を誓い、約1時間半にわたるファンとの交流を締めくくった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西