ニュース

山口俊がブルージェイズと正式契約 2年7億、毎年170回超えで+1.5億

無断転載禁止
ブルージェイズと正式合意した山口俊

柳賢振らとともに新ローテの一角として期待


 巨人からポスティングシステムを利用しメジャーリーグ移籍を目指していた山口俊投手(32)が、ブルージェイズと正式に2年契約を結んだと27日(日本時間28日)、球団公式サイトなどが報じた。

 米メディアによると、契約は2年635万ドル(約7億円)で1年ごとに140万ドル(約1億5000万円)の出来高つき。毎シーズン170イニング到達すると満額の140万ドルを手にできる。

 山口はDeNAと巨人でプレーし、計14シーズンの通算成績は427登板、64勝58敗112セーブ、防御率3.35。今季は巨人のエース格として自己最多の170イニングを消化し、15勝4敗、188奪三振、防御率2.91をマーク。最多勝、最高勝率、最多奪三振のタイトルを獲得し、チームのリーグ優勝に大きく貢献した。

 新天地となるブルージェイズは、メジャー30球団で唯一、カナダに本拠地を置く球団。今季は借金28でア・リーグ東地区4位に沈み、3年連続でポストシーズン進出を逃した。先発陣の駒不足は深刻で、今季のイニング数、勝利数ともに、154回1/3を消化し、6勝(9敗)を挙げたメジャー1年目右腕のトレント・ソーントンがチームトップ。山口はドジャースから大型契約で加わった韓国人左腕の柳賢振らとともに、先発ローテーションの一角として期待がかかる。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西