ニュース

ソフトバンクの開幕戦始球式はラグビー・福岡堅樹! 開幕カードの来場者プレゼントも発表

無断転載禁止

「一球に“福岡愛”を込める」


 ソフトバンクは27日、2020年シーズンの開幕戦となる3月20日(金・祝)ロッテ戦(PayPayドーム)の始球式を、ラグビーワールドカップ2019の日本代表・福岡堅樹選手が務めることを発表した。

 福岡選手はソフトバンクの地元・福岡県出身の27歳。昨年日本で行われたラグビーW杯で通算4トライを決める活躍を見せ、大会公式ウェブサイトが選ぶ大会を盛り上げた『別格だったマグニフィセント・セブン(豪華な7人)』にも選出。今夏の東京オリンピックでは7人制ラグビーでの活躍が大きく期待されている快足ラガーマンだ。

 福岡選手はソフトバンク球団を通じて「名前も出身も福岡なので、一球に福岡愛を込めたいと思います!」とコメント。異競技で日本中を沸かせた男が、PayPayドームでの記念すべき第一投に思いを込める。


開幕3日間連続プレゼント


 また、この開幕戦前に2019年シーズンの日本一を記念して、チームへ『2019チャンピオンリング』の贈呈式を行うことも決定。開幕カードが行われる3日間は、毎日入場者全員プレゼントを実施することも発表された。

 第1戦は選手に贈呈されるものと同じデザインの『2019チャンピオンリング(レプリカ)』、第2戦は『ホークス3wayシートクッション』、第3戦は『くるくるふうさんタオル』が来場者にプレゼントされる。

 さらに、開幕3連戦各日先着5000名には『=HAWKS15th ビームプレート』も配布。ビジター応援席の来場者には上記開幕グッズのプレゼントは無いが、『千葉ロッテマリーンズミニタオル』がプレゼントされる。




▼ 福岡堅樹(ふくおか・けんき)
誕生日:1992年9月7日(27歳)
出身地:福岡県
経歴:県立福岡高校出身、パナソニックワイルドナイツ所属

▼ コメント
「名前も出身も福岡なので、一球に福岡愛を込めたいと思います!
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西