ニュース

中日捕手陣が初紅白戦でアピール合戦 与田監督「いい競争意識」

無断転載禁止
紅白戦の3回に左前打を放つドラフト4位の郡司。捕手・加藤

期待のドラフト4位・郡司が火付け


 中日は北谷キャンプ第1クール最終日となった4日、今季初実戦となる紅白戦(6回制、特別ルール)を実施。ドラフト4位の郡司裕也捕手(慶大)が攻守両面で活躍するなど、4捕手全員が結果でアピールした。

 まず魅せたのは期待のルーキーだった。白組の「9番・捕手」で出場した郡司は3回、一死二塁の好機で巡ってきた実戦初打席で、痛烈な左前打をマーク。当たりが良く初打点は付かなかったが、実戦に強いところを見せつけた。さらに守備では4回、紅組・溝脇が仕掛けた二盗を阻止。素早いスローイングで悠々とアウトに仕留めた。郡司は途中から指名打者に入り、5回の第2打席は藤嶋の前に左飛。この日の打撃結果は2打数1安打だった。

 ルーキーに刺激されたのか、4回には7年目の桂が、ソロ本塁打を右中間席へ運んだ。その後の打席でも左翼線へ二塁打を放ち3打数2安打。守備でも、郡司に負けじと紅組・渡辺の盗塁を刺し、こちらも攻守で存在感を示した。

 5年目の木下拓、6年目の加藤もそれぞれ二塁打をマーク。正捕手争いは今キャンプの焦点でもあるが、初実戦から熱いバトルが繰り広げられた。

 与田監督は試合後、まず郡司について「堂々とリードしていたし、バッティングも良い形だった。後ろから見ていたが、打撃はどっしりとした構えで、左右のボールに対して軸がブレない。スローイングもバランスの良い投げ方だった」と評価。桂については「キャンプ初日、最後まで練習していたし、バッティングは去年の秋から取り組んでいることがある。みんな今日のホームランは『風だ』と言っていたが、それでも強い打球だったし、少しずつ自信を付けられるように、これからも結果にこだわってほしい」と期待を寄せた。

 さらに、3回に郡司が左前打を放った場面を振り返り、「郡司が打席に入ったときの加藤の配球なんて実戦さながらでね(笑)。『意地でも打たすか』みたいな。でも、そういうのがいい。みなさんの目にも分かるくらい、チーム内で競争意識が出るのはいいこと」と喜んだ。

 正捕手の条件を問われると「難しい」と指揮官。「去年、加藤があれだけ(チームトップの92試合に)出たというのは彼の肩。打撃も終盤よくなってきた。ただ今日も、去年と同じように後ろにポロポロやる姿があった。あれはもっと厳しくね。担当コーチとも話したが、本人がもっと『こんなことじゃレギュラーになれない』と自覚しないといけない。あれ(ミス)でゲームが終わってしまうこともあるし、それくらい意識を強く持ってほしい」と引き締めることも忘れなかった。

取材・文=上村祐作
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西