ニュース

中日の”近未来打線”が一挙5点のビッグイニング ドラ1石川昂、高松らが快音

無断転載禁止
練習試合の3回に右越えの適時二塁打を放つ中日・石川昂弥

一軍キャンプメンバーの根尾、加藤らも出場


「オキハム読谷平和の森球場」でキャンプを行っている中日二軍は7日、沖縄電力と練習試合を行い、ドラフト1位の石川昂弥内野手(東邦高)が適時二塁打を放つなど若き打線が快音を連ねた。試合は中日が5-0とリードした5回表に、降雨のため打ち切りとなった。

 楽しみな“近未来打線”が一挙5得点のビッグイニングを作った。0-0の3回裏、2回まで無得点に抑えられていた沖縄電力の先発右腕・内間に対し、先頭の8番・加藤が中前打で出塁。続く9番・滝野も中前打で続き無死一、二塁と好機を広げたあと、第1打席で右翼後方への大飛球を放っていた1番・高松が、先制となる適時二塁打を左中間へ運んだ。

 なおも無死二、三塁の好機で、2番・根尾はニゴロ。この間に三走・滝野が生還し2-0とリードを広げた。さらに一死三塁の場面で、石川昂がライナーで右翼線へ運ぶ適時二塁打を放ち3点目。続く4番・遠藤が右越え2ランを放ち、一挙5得点のビッグイニングとした。

 2回には6番・石垣が左線への二塁打を放つなど、中日打線は4回までに3本の長打を含む7安打をマーク。若竜たちが雨のなか集まったファンを大いに沸かせた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西