ニュース

野村克也さんの訃報を受け、楽天・立花社長「楽天イーグルスの土台を築いていただきました」

無断転載禁止
名選手・名将として 球史に名を残した野村克也さん(C)KYODO NEWS

野村の教えを継承


 楽天は11日、野村克也元監督(享年84歳)が「虚血性心不全」により2020年2月11日(火)午前3時30分に永眠したことを発表した。

 野村克也元監督永眠を受け、楽天の立花陽三代表取締役社長は「野村さんの突然の訃報に接し、残念で仕方がありませ」とコメントし、「2006年より4年間、チームの監督として、球団史上初のクライマックスシリーズ出場だけではなく、楽天イーグルスの土台を築いていただきました」と感謝の意を述べ、「楽天イーグルスには野村さんにご指導いただいた指導者がたくさんおります。野村ノートをはじめとして、野村監督が教えてくださったこともしっかり継承して参ります」との思いを口にした。

 また、楽天の三木谷浩史会長も自身のツイッターアカウントで「野村克也監督。本当にお世話になりました。誰も引き受けてくれなかった駆け出し球団の監督を引き受けて頂き、イーグルスの礎を築いて頂きました。感謝しかありません。ありがとうございました」と感謝と追悼の意を示している。

 野村克也元監督は創設2年目を迎えた楽天の2代目監督に就任。2006年から2009年までの4年間にわたって指揮を執り、2009年には2位となり球団創設後初のAクラス入りを果たすと共に、CS(クライマックスシリーズ)進出を果たした。CSは第2ステージまで進出したものの、同ステージで日本ハム相手に敗退。同年限りで退任となり、以降は野球評論家として活躍していた。

▼ 立花陽三(代表取締役社長)コメント
野村さんの突然の訃報に接し、残念で仕方がありません。
野村さんには2006年より4年間、チームの監督として、球団史上初のクライマックスシリーズ出場だけではなく、楽天イーグルスの土台を築いていただきました。
楽天イーグルスには野村さんにご指導いただいた指導者がたくさんおります。
野村ノートをはじめとして、野村監督が教えてくださったこともしっかり継承して参ります。
監督・選手・スタッフ・職員一同、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

▼ 三木谷浩史(会長兼球団オーナー)コメント
早朝に球団より、とても悲しい訃報を受けました。野村克也監督。本当にお世話になりました。誰も引き受けてくれなかった駆け出し球団の監督を引き受けて頂き、イーグルスの礎を築いて頂きました。感謝しかありません。ありがとうございました。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西