ニュース

ソフトバンク・大竹が「左前腕部の筋損傷」でリハビリ組へ、内川は「左膝の関節炎」で別メニュー

 ソフトバンクは11日、大竹耕太郎投手と内川聖一選手が病院にてMRI検査を受け、その診断結果を公表した。

 大竹は10日に佐賀市内の病院にてMRI検査を受けた結果、「左前腕部の筋損傷」と診断され、11日からリハビリ組に合流。一方の内川も10日に宮崎市内の病院にてMRI検査を受け、「左膝の関節炎」と診断された。内川は今後、患部の状態をみながら別メニューで調整を続けていく。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西