ニュース

ハムのドラ4・鈴木健矢、広島相手に1失点も栗山監督「いいモノ見れた」

無断転載禁止
3回途中に登板した日本ンハムのドラフト4位・鈴木健矢

投げっぷりの良さ光る変則サイドハンド


 日本ハムのドラフト4位・鈴木健矢投手(22)が18日、広島との練習試合(沖縄・名護)に救援登板。2/3回で1点を失ったが、侍ジャパンの4番を遊ゴロに仕留めるなど存在感を示した。

「鈴木に関しては早く見たかった。『ひとりでいいから投げさせてくれ』と(コーチに)ちょっと無理を言った」と栗山監督。対外試合初登板は0-0の3回表、一死無走者という状況。先頭の2番・ピレラに三塁線突破の二塁打を許すと、続く西川には右越えの適時二塁打。いきなり連打を浴び1点を失った。

 それでも、続く一死二塁のピンチで迎えた4番・鈴木誠に対しては、内角の真っ直ぐで詰まらせ遊ゴロ。最後は5番・會澤を中飛に仕留め最少失点で凌いだ。

 2/3回を投げ2安打1失点という内容だったが、栗山監督は「点は取られたがアウトの取り方に内容があった。いいモノが見れた」と評価。今後も実戦を重ね、開幕一軍入りを果たせるか注目だ。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西